>

相手に聞こえる声を心がける

声の大きさやスピード

小さな声で受け答えしても、面接官に聞こえません。
印象が悪くなるので、大きな声で答えてください。
また、スピードも重要です。
早口にでは大きな声でも面接官が聞き取れないので、ゆっくり喋りましょう。
どうして芸能人になりたいのか、この事務所を選択したのかなどは面接で聞かれやすいです。

前もって答えを用意しておきましょう。
するとスラスラと答えられるようになります。
急に面接の時に聞かれても、言葉に詰まってしまうでしょう。
質問されてすぐに言葉が出てこないと、悪印象を持たれます。
芸能人になって何をしたいのか、憧れの芸能人はいるのかという質問も聞かれやすいです。
事前に、アヴィラステージで聞かれやすい質問を調べておきましょう。

熱意をわかってもらおう

自分が芸能人になりたい理由は、面接官も真剣に聞いてきます。
きちんとした理由を考えておきましょう。
特に理由はないけれど、有名になりたいというような希望では絶対に不合格になります。
自分の歌声を届けたい、パフォーマンスで元気になってもらいたいというように具体的な理由を用意してください。

理由が簡単だと、やる気を感じられません。
自分は本気で芸能人になりたいという思いを、オーディションで伝えることがポイントです。
さらに、一般的な面接のマナーも守らなければいけません。
挨拶をしてから入室するなど、マナーも調べておきましょう。
どんなに才能がある人でも、人間性に問題があれば芸能界に入れません。
そのことを理解してください。


この記事をシェアする