>

特技を披露することが多い

自己アピールを考えよう

面接では自分のことを伝えるほかに、特技も披露します。
自分が最も得意なことを考えてください。
目指しているものに関係あることを披露すると良いでしょう。
歌手を目指している人は、歌が良いですね、
好きなアーティストの曲を歌っても良いですし、自分でつくったオリジナルの曲を歌うのもおすすめです。
オリジナルの曲なら、より才能を見出してくれるかもしれません。

面接の時間は限られているので、時間配分を考えてください。
演技にばかり集中していると、自己アピールが何もできなくなってしまいます。
書類だけでは自分の魅力が伝わらないので、もちろん口頭でも説明する必要があります。
バランス良く時間配分をすると、魅力が全て伝わります。

緊張しないように練習する

どんなに得意なことでも、オーディション本番は緊張します。
うまく声が出なかったり、身体を動かせないかもしれません。
練習すると身体と心が慣れるので、緊張しにくくなります。
繰り返し練習してから、本番に臨みましょう。
また練習する時は1人ではなく、誰かに見てもらいましょう。

見られることで、本番に緊張しなくなります。
人に歌やダンスを見てもらうと、問題点を指摘されることもあります。
問題点を修正することで、もっと自分のパフォーマンスがよくなります。
練習をビデオに取っても良いですね。
すると客観的に自分のパフォーマンスを確認できます。
ただ歌ったり踊ったりするのでは、効率が悪いです。
うまくなるよう練習を繰り替えしましょう。


この記事をシェアする