一次審査を通過しなければいけない

アヴィラステージのオーディションを受けるためには、まず書類審査を受けなければいけません。
顔写真と、プロフィールを書類に記入して応募してください。
写真を撮る際は、笑顔が重要です。
笑っていると、印象が良くなります。
緊張したり、真面目な印象を見せようと思って真顔の写真を送る人が見られます。
しかし真顔は怖いという印象を与える危険性があるので
笑顔になるよう意識しましょう。
さらに自分の特技や好きなことを書類に記入してください。

書類審査が通ると、二次審査に移ります。
二次審査は実際に事務所を訪れて、自己アピールをします。
その時に歌やダンスなどを披露するかもしれないので、練習しておきましょう。
突然では、失敗してしまいます。
自分に魅力を感じてもらえないと、合格できません。
緊張すると失敗してしまうので、何度も練習しましょう。
練習すれば本番でも失敗しないで、うまく特技を披露できます。

面接の際は大きな声で、ハキハキと自分の言葉を伝えましょう。
小さな声で喋っていても、面接官に聞こえません。
暗い人という印象を与えてしまいます。
面接官の目を見ると、自分の気持ちが伝わるでしょう。
自分の夢を、はっきり伝えることがポイントです。
ただ芸能人になりたいという簡単な理由では心に響きません。
歌手になって、人に歌声を届けたいというような夢があれば心に響くと思います。
どんな夢でも良いので、どうして目指しているのか、芸能人になって何をしたいのか考えましょう。

無事に合格できるように

芸能人になりたいと思っても、すぐなれるわけではありません。 オーディションをクリアしなければいけないので、一次審査に応募しましょう。 一次審査は、書類審査になります。 写真を貼ったり、得意なことや経歴などを記入してください。 真実だけを、書類に書きましょう。

特技を披露することが多い

一次審査が終わると、次は二次審査に進みます。 オーディションが終わるまで長いので、気を引き締めてください。 二次審査は面接で、自分の特技を披露したり自己アピールをします。 歌やダンスは、練習しないとうまくできません。 緊張することも考えて、たくさん練習しましょう。

相手に聞こえる声を心がける

面接は、大きな声でハキハキと喋ることを意識してください。 小さな声では喋っても、何と言っているのかわからなくなってしまいます。 こちらの言いたいことが伝わらないと、二次審査を合格できません。 面接官の目を見て、大きな声でゆっくり喋ると気持ちが伝わります。